header

業務案内
BUSINESS

i-Constructionにおける
測量・3次元
データ作成

i-Construction事業とは

  • i-ConstructionとはOpen or Close

    i-Constructionとは

    i-Construction(アイ・コンストラクション)とは、
    土木現場にICT(情報技術を使ったコミュニケーション)を導入することで、
    建設生産システム全体の生産性向上を図ることを目指す取り組みです。

    ドローンによる航空測量を導入することによって、人力による地上測量では膨大な時間を要していた3次元データ作成までを短時間かつシームレスに行い、シミュレーションや施工計画に利用。施工計画データをICT建設機材に送り自動施工を行うことで、大幅な時間とコストの削減を実現します。

    ジオシステムでは、これらi-Construction(アイ・コンストラクション)にて最も必要となる、
    ドローンによる高精度測量と計画の3次元データ化、出来形管理図の作成を行います。

  • ドローンによる高精度測量の実施Open or Close

    ドローンによる測量

    ドローンによる測量には連続写真をステレオ方式で3次元化する「写真測量」と
    秒間数十万点のレーザーを照射してスキャニングする「レーザースキャン測量」の2つの方法があります。

    写真測量

    ドローンによる写真測量は上空から地表の連続撮影を行い、各写真ごとの視差をSfMアプリケーションで解析し、3次元データを作成する技術です。

    レーザースキャナ測量

    写真測量の場合、樹木や植生の表面しか取得できずその下の地表データは得られません。レーザースキャナは秒間数万点のレーザーを照射することで、樹木や植生の隙間から地表面に届き、地表のデータを取得できます。また、風で木々が揺れている場合でも取得データはエラーにならず影響を受けません。


    詳細をみる

    写真測量

    ドローンによる写真測量は上空から地表の連続撮影を行い、各写真ごとの視差をSfMアプリケーションで解析し、3次元データを作成する技術です。

    レーザースキャナ測量

    写真測量の場合、樹木や植生の表面しか取得できずその下の地表データは得られません。レーザースキャナは秒間数万点のレーザーを照射することで、樹木や植生の隙間から地表面に届き、地表のデータを取得できます。また、風で木々が揺れている場合でも取得データはエラーにならず影響を受けません。

    詳細をみる

  • 計画の3次元データ化Open or Close

    高精度3次元データ
    だからできる
    正確な施工計画と
    シミュレーション

    ドローンによる航空測量で得たデータを即座に高精度な3次元データに変換。
    現況地形と計画の3次元データから、正確な施工計画を立案することができます。

    2次元データでは不可能だった工程、景観、作業など施工前のシミュレーションも行え、
    エラーやミスなどによる再作業を減らすことにつながります。

    あとは、作成した施工計画を元にIoT建機と連動させ施工を進めるだけ。
    大幅な時間短縮とコストカットを実現できます。

  • i-Constructionにおける測量、
    設計・施工業務の流れOpen or Close

  • 急な案件にも対応!
    安心のネットワーク体制Open or Close

    ジオシステムは全国12か所網

    ジオシステムは全国12か所に店舗を設け業務を請負っています。

    安心・確実なサポート体制で業務を完遂いたします。