header

業務案内
BUSINESS

i-Constructionにおける
測量・3次元
データ作成

ドローンによる測量

写真測量
Photogrammetry

ドローンによる写真測量とは

ドローンによる写真測量は上空から地表の連続撮影を行い、各写真ごとの視差をSfMアプリケーションで解析し、3次元データを作成する技術です。
あらかじめドローンの飛行ルートを設定し、自律飛行で計測します。
低空で飛行するため、従来の航空機よりも解像度が高い写真を撮影することができます。広大な造成工事、緊急を要する災害復旧工事をはじめ、様々な工事現場で活用されています。

レーザースキャン測量
Lazer Scanner

写真測量の弱点をカバー

写真測量の場合、写真に映ることの無いものは解析できません。植生地帯では写真に映る植生の高さは計算できますが、地表面の形状を得ることができません。レーザースキャナは秒間数万点のレーザーを発射するため樹木の隙間から地表面にも到達し、写真測量では取得できない地表面のデータを取得することが可能です。植生地帯があるだけで写真測量では削り取る土の量に誤差が生じます。レーザースキャナによる測量はその弱点をカバーすることができます。

小型軽量で広範囲の計測が可能

弊社は、アミューズワンセルフ社製のドローン専用レーザースキャナユニット「TDOT」を採用。精度を維持したまま、小型軽量化されたユニットだからこそ、長時間飛行を実現。一度の計測で広範囲のデータを取得できます。

写真測量とレーザースキャン測量。
双方一長一短があります。
ジオシステムでは
これら特徴を踏まえたうえで、
確実なフライトプランを作成、
測量を行います。