header

業務案内
BUSINESS

補強土工法・擁壁

ジオパネル
GEO PANEL

コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法

概要

ジオパネルは、壁面材にコンクリートパネル、補強材にテナックスTTを使用する補強土壁工法です。垂直で高い盛土を構築することができ、限られた用地を有効に利用することができます。
補強材であるテナックスTTは、高強度、低伸度、一軸延伸タイプのジオグリッドです。盛土が面的に補強されるところに特色があります。また、デザインパネルを標準化しており、都市部を中心に数多くの施工実績があります。

構造

ジオパネルの壁面材はコンクリートパネル、補強材はテナックスTTです。コンクリートパネルに作用する土圧力に対して、テナックスTTと盛土材との間に発生する摩擦抵抗力で抵抗します。テナックスTTは面状に敷設され、線状や点状の補強材に比べて、大きな引抜き抵抗力を発揮します。
コンクリートパネル(標準用)の大きさは、幅1.5m×高さ1.2mで、あらかじめ金属製のL型コネクターが取付けられています。壁面材と補強材は、L型コネクターとテナックスTTを櫛状のU型コネクターで連結します。簡単に連結できるとともに、十分な連結部強度があることを実験で確認しています。


特徴

  • 従来のコンクリート擁壁に比べて、垂直で安定した盛土を構築することができます。
  • コンクリートパネルは軽量で、大型のクレーンは必要ありません。壁面材と補強材の連結作業も簡単です。
  • テナックスTTはロール状で搬入されるため、仮置きに広いヤードを必要としません。
  • 高密度ポリエチレン製のテナックスTTを使用するため、耐久性に優れています。
  • 四隅にハンチを設けたデザインパネルを標準化しています。

用途

  • 国道、県道、林道、農道をはじめとする道路
  • 公園、再生エネルギー施設などの土地造成
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)
ジオパネル(コンクリートパネル+ジオグリッド補強土壁工法)


補強土工法・擁壁ラインナップ