header

業務案内
BUSINESS

補強土工法・擁壁

ステップウォール
STEP WALL

階段状緑化補強土壁工法

概要

ステップウォールは、盛土法面を階段状に整形し、壁面を緑化する補強盛土工法です。5分よりも緩勾配の盛土を構築することができます。
小段幅を調整することで勾配を変化させることができるため、道路工事や造成工事の盛土法面に限らず、トンネル坑口の坑門工などにも数多く利用されています。また、景観が重視される都市部では、小段に低木を植栽することも可能です。

構造

壁面材と補強材が一体となったL型のステップマットを所定の鉛直間隔で設置し、セットバックしながら盛土法面を階段状に整形していきます。
円弧すべりに対して、盛土中に敷設した補強材の引抜き抵抗力で安定性を保ち、急勾配でも安定した盛土を構築することができます。

ステップウォール構造図


特徴

  • 適用範囲は5分よりも緩勾配です。災害における緊急時には、階段状の盛土法面を登攀して避難することもできます。
  • 地形の変化、勾配の変化にも柔軟に対応することが可能です。切土法面の災害復旧、トンネル坑口の坑門工、砂防堰堤袖部の埋戻しなど、複雑な計画でも容易に施工することができます。
  • かご工のような箱型ではなく、L型のステップマットを使用します。連続して盛土材の敷均し、締固め工を施工することができます。
  • ワイヤーウォールと同様に、壁面材と補強材の連結作業は必要ありません。
  • 溶融亜鉛めっき処理した部材を使用するため、耐久性に優れています。盛土材に岩石質材料を使用する場合でも、補強材が損傷する恐れがありません。
  • 壁面を緑化し、小段に植栽することができます。景観性に優れています。

用途

  • 国道、県道、林道、農道をはじめとする道路
  • 公園、再生エネルギー施設などの土地造成
  • 切土法面、トンネル坑口、砂防堰堤袖部などの保護工
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)
ステップウォール(階段状緑化補強土壁工法)


補強土工法・擁壁ラインナップ